肌トラブルのない健康肌を目指して、立体美容法に基づくヘルス&ビューティーライフを提案します

POURSOIN|株式会社プルソワン

TEL. 06-6292-0600  FAX.06-6292-0601

お問い合わせ

海外進出支援事業

80%の女性が秋に肌トラブルを感じている!その原因は夏に受けた紫外線ダメージのせいだった
2021-09-29

株式会社エクラ(本社:東京都新宿区、代表取締役:本多智史)は、全国の20代~40代の女性200名へ「秋の肌悩みについて」のアンケートを実施しました。

その結果、多くの女性が夏から秋になる季節の変わり目に、肌トラブルを実感していることが分かりました。

 

アンケートの結果、80%の女性が「夏から秋にかけての季節の変わり目」に肌トラブルに悩んでいることが判明。

その肌の悩みはどのようなものなのでしょうか?
さらに詳しく調査を行いました。

 

アンケートの結果、夏から秋の季節の変わり目に女性が実感している肌悩みは、「日焼け」が一番多く、次いで「肌のざらつき」「シミ」「毛穴」「くすみ」「肌のハリ」などが続きます。

この肌トラブルはいずれも夏の強い紫外線による肌ダメージが原因となって引き起こされます。

 

夏から秋にかけて季節の変わり目に起こる肌トラブル。夏の強い紫外線を受けた肌はバリア機能が低下した状態です。
その状態で適切なケアをせず放置してしまうと、冬にかけての気温・湿度の低下による乾燥によって肌状態がさらに悪化してしまうのです。

紫外線による肌トラブルを解消するためにはUVケアはもちろん、紫外線を浴びた後のアフターケアがとても重要です。

しかし、アンケートの結果、肌の不調を実感している女性のうち、紫外線を浴びた後のアフターケアをしていると回答したのは、わずか13.5%。残りの86.5%の女性は夏に受けた紫外線ダメージをそのままにしていることが分かりました。

夏の強い紫外線を受けた後の肌はバリア機能が低下している状態なので、いつものスキンケアを行っても肌の乾燥が進行し「シミ」や「毛穴の開き」、「くすみ」といった秋の肌悩みを引き起こすのです。

引用:https://www.atpress.ne.jp/news/277682
※Poursoinコスメティックスニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。