肌トラブルのない健康肌を目指して、立体美容法に基づくヘルス&ビューティーライフを提案します

POURSOIN|株式会社プルソワン

TEL. 06-6292-0600  FAX.06-6292-0601

お問い合わせ

海外進出支援事業

【肌の乾燥対策に関する調査】
2022-01-14

肌の乾燥対策として使うケア用品は「ハンドクリーム」が対策実施者の6割、「化粧水・ローション」「リップクリーム」が各4割強。男性10・20代では「化粧水・ローション」が6割弱

━━<< TOPICS >>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■乾燥肌の自覚がある人は7割強、男性6割強、女性9割弱。「一年を通じて自覚がある」は約16%、「季節により」は6割弱。乾燥を感じる部位は「手」「くちびる」「かかと、足の裏」が各30%台、「足のすね」「口のまわり」「頬」が各20%台。2018年調査と比べて「手」が増加
■肌の乾燥対策として使っているスキンケア用品は「ハンドクリーム」が乾燥対策実施者の6割、「化粧水・ローション」「リップクリーム」が各4割強。男性10・20代では「化粧水・ローション」が6割弱
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。この度、5回目となる『肌の乾燥対策』に関するインターネット調査を2021年12月1日~5日に実施し、9,953件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。

 

乾燥肌の自覚がある人は7割強です。男性6割強、女性9割弱となっています。「一年を通じて乾燥肌の自覚がある」は15.9%、女性10~40代では3割前後みられます。「季節により乾燥肌の自覚がある」は57.2%です。

 

肌の乾燥を感じる部位は(複数回答)、「手」が36.8%、「くちびる」「かかと、足の裏」が各3割強、「足のすね」「口のまわり」「頬」が各20%台です。2018年調査と比べて、「手」が増加しています。
女性の比率が高いものが多く、「口のまわり」「目のまわり」「手」「ひじ」「ひざ」「かかと、足の裏」「足のすね」は男女差が特に大きくなっています。女性30~50代では「手」が各50%台と高く、女性50~70代では「かかと、足の裏」が1位です。

 

自分の肌の状態で感じることは(複数回答)、「肌がカサカサする」が50.9%、「肌にかゆみがある、むずむずする」「肌の表面が粉を吹く」「肌がひび割れる」「肌がつっぱる」が各20%台です。「肌がカサカサする」は女性30~50代、「肌の張りがない」は女性50~70代で比率が高くなっています。

 

肌の乾燥対策で実施していることは(複数回答)、「スキンケア用品の使用」が63.2%、男性5割弱、女性8割強です。続く項目は、男性では「水分をとる」「睡眠を十分とる」「薬を服用する・塗る」が1割前後、女性では「スキンケア用品の使い方を工夫する」「肌の乾燥に効果のある化粧品の使用」「水分をとる」「紫外線対策」が各20%台となっています。

 

肌の乾燥対策を行っている人に、どの季節に行うかを聞いたところ(複数回答)、「冬」が63.1%、「秋」が22.0%です。「一年を通して」は33.8%で増加傾向、女性10~30代では5割前後みられます。

 

肌の乾燥対策を行っている人のうち、対策に効果を感じている人は、「大変感じている」「やや感じている」を合わせて5割強です。効果を感じていない人は、「あまり感じていない」「まったく感じていない」を合わせて1割強となっています。

 

肌の乾燥対策として使っているスキンケア用品は(複数回答)、「ハンドクリーム」が乾燥対策実施者の60.1%、「化粧水・ローション」「リップクリーム」が各4割強、「全身クリーム、ボディクリーム」が35.8%です。「化粧水・ローション」は若年層で比率が高く、男性10・20代では6割弱みられます。「かかと用クリーム、フットクリーム」は、女性50~70代で高くなっています。

 

<< 回答者のコメント >>

・手を洗ってすぐにハンドクリームを塗ること。(男性26歳)
・お風呂上りは全身に化粧水を浸透しなくなるまでつける。お風呂上りから寝るまでにかかとにたっぷりクリームを塗って靴下を履くだけでかなり違う。在宅だからできるが、できる限り複数回化粧水を顔につけている。(男性34歳)
・皮膚科に行って処方してもらう乳液が効果的で安価で確実です。(男性47歳)
・くすんでると感じた時は、メンソレータムを適宜に塗って、ツヤと精悍さを出す。(男性77歳)
・化粧水や乳液を塗った後に、オイルやクリームで蓋をすること。(女性19歳)
・毎年冬になると手の赤切れが酷いのでゴム手袋をしながら家事をし始めました。すると手が全く荒れなくなったのでおすすめです。(女性35歳)
・夜は布マスクをして寝ると、朝まで肌がしっとりしている。(女性49歳)
・風呂場で身体を拭いて、風呂場でクリームを塗るようにしている。(女性62歳)

 

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001128.000007815.html

※Poursoinベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています