肌トラブルのない健康肌を目指して、立体美容法に基づくヘルス&ビューティーライフを提案します

POURSOIN|株式会社プルソワン

TEL. 06-6292-0600  FAX.06-6292-0601

お問い合わせ

海外進出支援事業

【2022年みんなの!なりたいトレンド肌調査】20代1位は“ギャップなし!肌”/30代1位は“すっぴんお泊まり会肌”。
2022-02-09

ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都港区)の豆乳スキンケアブランド『なめらか本舗』は、保湿ラインのリニューアルに伴い、20歳〜39歳の女性830名を対象に、「2022年 みんなの!なりたいトレンド肌調査」を実施しました。
調査では、今みんなが「なりたい」と思う肌のトレンドや肌悩みに加え、マスク生活で肌を隠すようになったり、自撮りをするときに写真アプリのフィルターで加工をしたりすることが増えたことで、実際の肌とのギャップを感じている人が多くいることがわかりました。

 

【調査概要】
調査期間:2022年1月20日~22日  調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20歳〜39歳の女性 830名
※調査結果の数値は小数点以下を適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。

 

■Part1 みんなのなりたいトレンド肌
・なりたい肌1位、20代は「ギャップなし!肌」、30代は「すっぴんお泊まり会肌」
・「なりたい肌」に必要な要素「毛穴レス」「透明感」「潤い」、「なりたい肌」のためにしていること1位「スキンケア」61.5%
・「なりたい肌」と「実際の肌」にギャップを感じる人は87.3%
・「なりたい肌」で重視しているのは自己評価>他者評価

 

■Part2 みんなの自撮りと肌
・全体のおよそ半数(48.6%)が自撮りの時にフィルターをかける、その理由1位「肌を美しく見せたいから」70.8%
・「フィルターをかけた肌」と「実際の肌」にギャップを感じる人は72.7%

 

■Part3 みんなのマスク生活と肌
・マスクを外した顔を一定期間見せなかった相手がいる人は51.1%、相手との関係1位は「仕事の関係者」
・相手に素顔を初めて見せることに抵抗があった人は67.4%で、理由1位は「肌が気になるから」61.2%
・マスクを外した相手の素顔を見た時に印象が変わったことがある人は62.2%、それまでより悪い印象になることが多い
・「マスクをした状態」と「実際の肌」にギャップを感じる人は64.7%

 

■Part4 みんなの肌悩み
・肌悩みの1位は「毛穴」60.6%、2位「乾燥」50.4%、特に感じるのは1位「ストレスが溜まったとき」など肌がゆらぐタイミング

 

・なりたい肌1位、20代は「ギャップなし!肌」、30代は「すっぴんお泊まり会肌」
20代〜30代の女性に「なりたい肌」について聞いてみると、全体での1位は「すっぴんお泊まり会肌」35.3%でした。
年代別に見ると、20代の1位はマスクや加工写真とも差がない「ギャップなし!肌」35.3%で、30代の1位は「すっぴんお泊まり会肌」36.5%という昨今の世相やトレンドを反映した結果になり、自信の持てる美しい素肌が支持される結果となりました。

 

・「なりたい肌」に必要な要素「毛穴レス」「透明感」「潤い」、「なりたい肌」のためにしていること1位「スキンケア」61.5%
「なりたい肌」に必要な要素TOP3は「毛穴レス」「透明感」「潤い」で、なりたい肌になるためにしていることは「スキンケア」が61.5%で圧倒的な1位でした。

 

・「なりたい肌」と「実際の肌」にギャップを感じる人は87.3%
9割近い人が肌の理想と現実にギャップを感じていました。

 

・「なりたい肌」で重視しているのは自己評価>他者評価
「なりたい肌」で重視しているのは、自分自身が満足できること(=自己評価)59.8%:他者から褒められること(=他者評価)40.2% で、自己評価をより重視していることがわかりました。

 

・全体のおよそ半数(48.6%)が自撮りの時にフィルターをかける、その理由1位「肌を美しく見せたい」70.8%
自分の写真を撮影するときにアプリ等でフィルター(加工)をかける人は48.6%と全体の半数近くにのぼります。その理由は、1位「肌を美しく見せたいから」70.8%、2位「顔全体を美しく見せたい(盛りたい)から」61.2%の二つの理由が圧倒的でした。

 

「フィルターをかけた肌」と「実際の肌」にギャップを感じる人は72.7%
7割以上の人が「自撮りでフィルターをかけて加工した肌」と「実際の肌」にギャップを感じているようです。​

 

【POINT!】

「なりたい肌」について、自分自身が満足できること(=自己評価)と他者から褒められること(=他者評価)の両方を重視しながら、重視の度合いは自己評価がやや高い結果となりました。
これは「なりたい肌」のトレンドにも表れています。上位に入っている「すっぴんお泊まり会肌」「友達にほめられ肌」は他者評価(特に同性)、「ギャップなし!肌」は自己評価&他者評価、「メイクのテンション上がる肌」と「お出かけしたくなる肌」は自己評価、というように、自己評価も他者評価も高くいたいという気持ちが表れているようです。

 

・マスクを外した顔を一定期間見せなかった相手がいる人は51.1%、相手との関係1位は「仕事の関係者」
マスクをした状態で出会い、一定期間マスクを外した顔を見せなかった相手がいる人は51.1%で、相手との関係1位は「仕事の関係者」46.0%、2位「友人」32.1%でした。

 

・相手に素顔を初めて見せることに抵抗があった人は67.4%で、理由1位は「肌が気になるから」61.2%
マスクを外した顔を一定期間見せなかった相手に対して、 67.4%の人が「素顔を初めて見せることに抵抗があった」と回答しました。その理由1位は「肌が気になるから」61.2%、2位「全体のバランスが気になるから」45.8%でした。

 

・マスクを外した相手の素顔を見た時に印象が変わったことがある人は62.2%、それまでより悪い印象になることが多い

マスクをした状態で出会った相手の素顔を初めて見た時に印象が変わったことがある人は62.2%で、そのうち64.7%が「それまでより悪い印象に変わることが多い」と回答しました。

 

・「マスクをした状態」と「実際の肌」にギャップを感じる人は64.7%
6割以上の人が「マスクをした状態」と「実際の肌」にギャップを感じているようです。

 

・肌悩みの1位は「毛穴」60.6%、2位「乾燥」50.4%、特に感じるのは1位「ストレスが溜まったとき」など肌がゆらぐタイミング
肌悩みの1位は「毛穴」60.6%、2位「乾燥」50.4%、「ニキビ」43.4%でした。肌悩みを特に感じるのは1位「ストレスが溜まったとき」52.5%、2位「生理前後のタイミング」51.2%など肌がゆらぐタイミングのようです。

 

【POINT!】
今回の調査で、20代〜30代の女性の多くが、肌に関して3つの「ギャップ」を感じていることがわかりました。3つのギャップとは、「“なりたい肌”と“実際の肌”とのギャップ」「“フィルターをかけた肌”と“実際の肌”とのギャップ」 「“マスクをした状態”と“実際の肌”とのギャップ」です。これらのギャップのうちいずれか1つ以上を感じている人は87.0%と、およそ9割にのぼります。
この「ギャップ」に対する悩みが、20代の「なりたい肌」1位/30代の「なりたい肌」2位となった「ギャップなし!肌」という結果に表れているようです。

 

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000218.000000263.html

※Poursoinベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています