肌トラブルのない健康肌を目指して、立体美容法に基づくヘルス&ビューティーライフを提案します

POURSOIN|株式会社プルソワン

TEL. 06-6292-0600  FAX.06-6292-0601

お問い合わせ

海外進出支援事業

【いつものマスクが肌荒れの原因かも!?】マスクの素材によって肌トラブルが変わる?皮膚科医に徹底調査!
2022-03-16

9割の皮膚科医が、マスクの素材によって肌トラブルが進行、悪化すると回答!

株式会社CREDEA(本社所在地:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:中村 華幸)は、皮膚科医を対象に、「マスクの素材別肌トラブル」に関する調査を実施しました。

 

新型コロナウイルスの流行拡大に伴い、マスク生活が続く中、皆さんはどのような“マスク”を着用されていますか?

コロナ禍以前は、白い不織布製のマスクが一般的なイメージだったかもしれません。
しかしマスクの需要が増した現在では、ウレタン素材のマスクやカラーマスク、KF94など、機能性やファッション性に着目したマスクも幅広く展開されています。

 

マスクが生活に欠かせないアイテムとなる一方で、長時間のマスク着用により、これまでになかった肌トラブルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

肌に直接触れるからこそ、マスクの素材や種類が悪影響を及ぼす可能性は十分考えられます。
マスクを着けずに生活することが難しい状況で、肌トラブルにどのように対処すればいいのか、知っておきたいですよね。

専門家である皮膚科医の視点から、マスクが引き起こす肌トラブルへの対応策を探っていきましょう。

 

 

はじめに、マスクの素材が肌に与える影響に関して伺っていきたいと思います。

 

「マスクの素材による影響で肌トラブルが進行、悪化している可能性はありますか?」と質問したところ、『大いにある(46.5%)』『多少ある(44.4%)』という回答結果となり、9割の皮膚科医が、マスクの素材によって肌トラブルが引き起こされると考えているようです。

新型コロナウイルスの感染予防のために着用しているマスクのせいで肌トラブルが起こるとしたら、悩ましい問題ですよね。

また、マスクのバリエーションが豊富になればなるほど、素材や形状といった選択肢も増えていきます。
肌荒れが気になるという方は、普段着けているマスクについて一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

マスクの素材が肌に悪影響を与えかねない、と考える皮膚科医は9割に上ることがわかりました。
専門家から見ても、マスクに使われている素材のチェックが重要だといえます。

では、肌トラブルを引き起こすかもしれないマスクとは、どのような素材なのでしょうか?

 

そこで、「肌トラブルの原因となりやすいマスクは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『ポリウレタンマスク(41.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『ポリエステルマスク(40.2%)』『不織布プリーツマスク(39.4%)』と続きました。

肌トラブルの原因となりやすいマスクの素材は、ポリウレタンだと考える皮膚科医が多いようです。
また、ポリエステルマスクや不織布プリーツマスクなど、化学繊維素材のマスクにも注意が必要だといえるでしょう。

ここで、なぜその素材が肌トラブルの原因になりやすいのか詳しく聞いてみました。

 

■肌がこすれたり蒸れたり…マスクの素材には気を付けて!
【ポリウレタンマスク】
・素材に石油が使われているから(20代/男性/神奈川県)
・水分吸収が悪く、蒸れるから(40代/男性/兵庫県)

【ポリエステルマスク】
・化学繊維はトラブルを起こしやすいから(30代/女性/東京都)
・通気性が良くないから(30代/男性/千葉県)

【不織布プリーツマスク】
・繊維が皮膚を痛めるから(50代/男性/神奈川県)
・プリーツの折り目が肌にこすれるから(50代/男性/岐阜県)

 

ポリウレタンやポリエステルなど石油系の合成繊維によって、肌を傷つけてしまうと考える皮膚科医が多いようです。
また、肌に触れる部分がこすれたり、空気が通らずに蒸れたりと、マスクには肌の状態を悪化させる要因が潜んでいるといえます。
マスクの繊維や通気性、吸湿性といった細かな部分まで気にすることがカギとなるでしょう。

さらに肌のトラブルといえば、肌荒れだけでなく、鼻の黒ずみも挙げられます。
中には、マスクを着けるようになってから黒ずみが悪化した、と感じている方もいるかもしれません。

そこで、「鼻の黒ずみの原因となりやすいマスクの色は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『黒系(37.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『白系(31.2%)』『青系(29.2%)』と続きました。

 

黒系のマスクが鼻を黒ずませる原因になりかねない、と考える皮膚科医が多いようです。
また、青系のマスクにも回答が集まっており、色付きマスクは要注意といえるでしょう。
一方で、白系のマスクであっても、鼻の黒ずみを完全に防ぐことは難しいのかもしれません。

 

ここまでの調査で、ポリウレタンマスクが肌トラブルを引き起こしやすい、と考える皮膚科医が多いことがわかりました。
化学繊維を使用したマスクと肌がこすれたり蒸れたりすることで、肌荒れに繋がる可能性があります。
また、マスクの着用は鼻の黒ずみも招きかねないといえるでしょう。

では、マスクによる肌トラブルを抑えるためには、どのような素材を選べばいいのでしょうか?

 

そこで、「マスクによる肌荒れを最低限に抑えるマスクの素材は何ですか?」と質問したところ、『綿(コットン)(25.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『不織布(20.3%)』『シルク(19.9%)』と続きました。

マスクによる肌荒れを最低限に抑えるなら、綿(コットン)素材が適していると考える皮膚科医が一定数いるようです。
また、不織布やシルクといったマスク素材にも支持が集まりました。

皮膚科医がこのような素材のマスクを推奨する理由について、具体的に聞いてみましょう。

 

■肌の摩擦や乾燥を防いでくれる素材を選ぼう
【綿(コットン)】
・柔らかいし、通気性がいいから(30代/女性/埼玉県)
・肌に優しい素材だから(40代/男性/東京都)

【不織布】
・通気性も保湿性もあるから(50代/男性/東京都)
・使い捨てだから(50代/男性/大阪府)

【シルク】
・きめ細かく滑らかで、肌に優しいから(40代/男性/北海道)
・柔らかい天然素材だから(40代/女性/兵庫県)

綿(コットン)やシルクは柔らかく肌に優しい素材だとして、皮膚科医から評価されているようです。
また、不織布は通気性や保湿性に優れており、使い捨てできる点で衛生的といえます。
無用なトラブルを避けるためにも、肌を傷つけず、清潔に保てるマスクの素材を選びたいですね。

 

マスクによる肌トラブルをできるだけ抑えるなら、綿(コットン)素材が皮膚科医のおすすめだといえそうです。
肌トラブルを悪化させない手段のひとつとして、マスクを切り替えてみるのもいいかもしれません。

ここからは、マスク着用による肌トラブルの詳細に関して伺っていきたいと思います。

「マスク着用によって、どういった肌トラブルが起こりやすいですか?(複数回答可)」と質問したところ、『こすれによる赤み、肌荒れ(57.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『ニキビ、吹き出物(46.1%)』『毛穴の開き、黒ずみ(30.7%)』と続きました。

 

マスクで肌がこすれた結果、赤くなったり荒れたりしてしまうと考える皮膚科医が多いようです。
また、ニキビや吹き出物、毛穴にまつわるトラブルも起きやすくなるといえます。
マスクの下で肌荒れがなかなか治らない状態が続いてしまうのは、辛いところですよね。

では、マスクの着用が原因となった肌トラブルに対して、どのようなケアが効果的なのでしょうか?

そこで、「マスクによる肌荒れへの対処法として有効なことや重視すべきことは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『保湿(38.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『洗顔(37.5%)』『保温(30.1%)』『ピーリング(20.7%)』と続きました。

マスクによる肌荒れへの対処法として、保湿を重視する皮膚科医が多いようです。
また、洗顔や保温といった基本のスキンケアと併せて、ピーリングも有効な手段だといえます。
日々のスキンケアを丁寧に行いながら、スペシャルケアとしてピーリングを取り入れてもいいのではないでしょうか。

 

マスクの着用により、肌荒れやニキビといった肌トラブルが起こりやすくなると考える皮膚科医が多いことがわかりました。
また、マスクが毛穴の開きや黒ずみの原因となってしまうケースも見られるようです。

このような毛穴のトラブルについて、有効な対策はあるのでしょうか?

そこで、「鼻、小鼻などの毛穴に開きや黒ずみへの対処法として有効なものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『洗顔(44.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『オイルクレンジング(34.6%)』『ピーリング(24.9%)』と続きました。

鼻、小鼻などの毛穴トラブルには、洗顔やオイルクレンジングによる対策が有効だと考える皮膚科医が多いようです。
また、メイク落としと洗顔の過程にピーリングを加えることも対処法のひとつといえます。
しっかりメイクを落とした上で、毛穴の汚れや詰まりにもアプローチすることが大切です。

最後に、肌の黒ずみをケアする方法について、皮膚科医の意見を聞いてみました。

 

■丁寧な洗顔とピーリングによるケアで黒ずみを撃退!
・蒸気や蒸しタオルで肌を柔らかくして毛穴を開き、洗顔する。その後しっかりと保湿(30代/女性/千葉県)
・ぬるま湯で洗顔し、化粧水をたくさん使用する(40代/女性/神奈川県)
・オイルクレンジングで汚れを浮かし、肌に負担をかけずに落とす。その後、しっかり保湿する(40代/女性/和歌山県)
・こすらずピーリングする(40代/女性/福岡県)

肌に負担をかけないクレンジングと洗顔を心がけることが、キーポイントだといえそうです。
また、しっかりと保湿することや、ピーリングで毛穴汚れを落とすことも意識してみましょう。
毎日のスキンケアを工夫しながら、マスクによる肌荒れや毛穴トラブルを解決しませんか?

 

今回の調査で、9割もの皮膚科医が、マスクの素材によって肌トラブルが起こってしまうと考えていることがわかりました。

マスクを着用することで肌が傷ついてしまい、肌荒れや黒ずみの原因となっているようです。

マスクを購入する際には、ポリウレタンやポリエステルといった化学繊維を避け、綿やシルクなどの天然素材を選びましょう。

また、マスクで肌が荒れたり毛穴が黒ずんだりした場合、洗顔や保湿といったスキンケアが大切になってきます。
さらに、丁寧にスキンケアすると同時に、ピーリングで手入れすることも効果的だといえるでしょう。

マスクの素材選びとスキンケアの方法を見直して、快適なマスク生活を送りませんか?

 

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000084606.html

※Poursoinベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています